豊かな地域の実現を目指す地域科学研究所

地方の豊かなまちづくりを実現

大分県に拠点を構える域科学研究所は、地方公共団体向けにサービスを提供している企業です。事業目的は、豊かで活力ある地域社会づくりとなっています。これは、経営理念のひとつでもあります。地域に活力を与えるには、そこに暮らす人たちが元気でなければなりません。一人一人の努力もそうなのですが、そのためには地域全体に影響力を持つ地方公共団体がしっかりとしていなければなりません。

地方公共団体の業務をサポートするシステムを提供したり、コンサルティングを行うことで、各自治体の業務を円滑にして、間接的に地域全体のサポートをしているのです。

生活しやすい社会を作ることで、地域に力を与えているのです。

西日本が営業エリア

九州エリアを拠点としている地域科学研究所ですが、営業エリアは西日本となります。西日本にいくつかの事務所を開設しています。

九州地域では大分県の本社をはじめ、福岡、熊本、鹿児島、沖縄にあります。中四国エリアでは、香川、徳島にあります。関西エリアでは、和歌山県に事務所を解説しています。中でも和歌山の事務所は、廃校となった中学校の校長室をサテライトオフィスとして使用しています。この学校では、職員室等を利用して、他の企業も入居しているようです。研修等に関してはコンピューター室を利用しているようです。これは、コンピューターを設置してあったということもあり、空調やスクリーンといった設備がしっかりしているからといった理由のようです。他にも、新入社員の入社式なども、こういった場所を利用してい行うこともあるようです。

役目を終えた施設をリノベーションして再利用するというのも、地域科学研究所の取り組みの一環となっているようです。

積み上げてきた実績と信頼

地域科学研究所は1977年の創業以来多くの実績を積み上げてきています。創業当時は木下不動産鑑定事務所という名称で地方公共団体からの依頼を受け、不動産鑑定の仕事を行っていたようですが、1992年に現在の商号である地域科学研究所に変更しています。その後は、各エリアに事業所を設け、地方公共団体向けのサービスを自治体に提供しています。

現時点で3000を超えるプロジェクトでサービスを提供してきています。システムを導入後もしっかりしたサポートを行っており、各地方公共団体からの評価も高いようです。

もともと不動産鑑定で地方公共団体と付き合いがあったことから、コンサルティングを行うようになり、地方公共団体向けのシステムを開発し導入するようになるなど、地方公共団体の業務を特化している企業です。多くの実績を積み上げ、その経験をもとに、これからも地方公共団体が抱える課題や問題に対し、しっかりと向き合っていきます。

[参考サイト]平井慎一(株式会社 地域科学研究所) : プロフィール [マイベストプロ大分]